高野山の観光名所とモデルコース

和歌山県、伊都郡高野町に「高野山」があるのです標高1,000m級の山々からなっているのです。
その昔、弘法大師の空海が修行をしていた地で、メジャーな比叡山と並び仏教の聖地として知られています。ちかごろも多勢の寺院があり、メジャーな名所として多勢の人が訪れています。
高野山は今も人々から信仰と尊敬を集める地で、お参りに行ってみたい方が絶えることはないのです。
2004年には、世界文化遺産としてのエントリーがユネスコにされて「紀伊山地の霊場、参詣道」とエントリーされているのです。ですので日本全国からだけではなく各国中から多勢の人がやってくる観光名所となったのです。日本版のミシュラン旅ガイドでも、三つ星を獲得している優れた名所として知られています。

 

世界遺産である高野山には、多勢の観光名所があるのです
奥の院、金剛峯寺、金堂、根元大塔、大門など多勢の塔や堂があるのですね。

 

半径1.5km以内に寺院、史跡など多勢の見どころが凝縮されているのです。
山の上なので、サマーシーズンの暑いシーズン、避暑地としてもベストです。
素晴らしいナチュラルを心行くまで味わうことがしながら、ヒストリーや宗教、厳かなムードを味わうことのできるエリアです。
見るだけではなく、精進食事や高野豆腐といった売り物食事を食べる楽しみもあるのです

 

また高野山は四国の八十八スポットを巡るお遍路さんたちが出発前に立ち寄って「結縁」を伝えて、無事にお遍路を終えた後「結願」をレポートしにやってくる観光エリアとしても知られています。

 

老杉の茂る荘厳なムードの美的ナチュラルの景観の中で高野山の奥の院で満願成就を願っているのです。
信者だけではなく、多勢のお遍路さんも訪れるので年間を通して多勢の人がやってくる観光スポットです。

観光名所

高野山のおすすめの観光名所を誰にでも披露していきます。
「奥の院」は高野山の表参道入口にあたります。
何百年も経た老杉と供養塔が立ち並んでいます。
「一の橋」は弘法大師御廟へ行くときにまずはじめに渡る橋で参道の入口にあるのです
正式名は「大渡橋」と言います。
弘法大師がこの橋まで人々を送り迎えしてくださると言われていて、ちかごろも信仰に訪れた人や遊びに訪れた人は橋の前で合掌一礼しているそうです。

 

「中の橋」は一の橋から御廟橋に向かう中間地点にあるのです
正式名は「手水橋」と言います。
昔はこの地で身を清めていたそうです。
「汗かき地蔵」は中の橋を渡ったすぐのところにある地蔵堂の中に祀られています。
世の中の人たちの苦しみを地蔵様が身代りになってくれているということで、汗をかいているとされているのです。

 

「水向け地蔵」は奥の院へ参詣する人が御供所で得た水向塔婆をここに納めていく観光エリアです。
金仏の地蔵菩薩、不動明王、観音菩薩などが並んでいます。
「御廟橋」は木の橋だったものがちかごろは石橋になっているのです。
この橋の先から大師御廟の霊域で、橋を渡るとき橋手前で身なりを整えて礼拝してから足を踏み入れます。

 

「玉川」は御廟橋の下を流れている川です。
山々から流れ出る清水です。
川の中に水難事故などで亡くなった人たちを供養するために「卒塔婆」が建てられています。

 

「燈籠堂」には、千年もの間燃え継続しているという「消えずの火」があるのです
「弘法大師御廟」は、弘法大師信仰のメインとなる地です。
千年杉に囲まれて厳かなたたずまいのある観光地です。
弘法大師が62歳のときに入廷したエリアで、今もここで祈れば間違いなく弘法大師が応えてくれると信じて多勢の人が参拝しているのです。

 

高野山のスタンダードな観光モデルコース

高野山の観光名所めぐりモデルコースを披露します。
あちこちの宗教カテゴリ設備を巡るスタンダードな観光コースの披露です。
所要時間は約7時間です。

 

高野山駅をスタート・・・2kmの道のりをバスで7分「女人堂」へ。
その昔、高野山は女人禁制でした。
ですので高野山の上り口には参籠所を取り付けして女人の立ち入りをチェックしていました。
それが女人堂です。

 

・・・550mの道のりを徒歩10分で「徳川家霊台」へ。
徳川家光により建立された建物です。
家康と秀忠の公霊舎となっているのです。

 

・・・徒歩1分で「浪切不動」へ。
浪切不動明王は、弘法大師の御守本尊で自作したものです。
日本全国に浪切不動明王が祀られていますが高野山のものが元祖です。

 

・・・500mの道のりを徒歩10分で「千手院橋」へ。
・・・1.3kmの道のりを徒歩25分で「大門」へ。
高野山の入り口にあるキーポイントカルチャー財になっている総門です。

 

・・・650mの道のりを徒歩13分で「金堂」へ。
高野山の総本堂です。

 

・・・「壇場伽藍」を散策して・・・徒歩2分で「霊宝館」・・・徒歩2分で「高野山大師教会」・・・徒歩3分で「金剛峯寺」。
ここは遊びエリアが続いているので移動が楽です。
それぞれ20分から30分くらい散策します。

 

・・・800mの道のりを徒歩16分で「苅萱堂」へ。
徒歩4分ほどで「一の橋」、そこから徒歩約40分で「燈籠堂」へ。
すぐ近くには「奥の院御廟」があるのです

 

・・・1kmの道のりを徒歩20分で「奥の院前」に到着。
そこからバスで20分「高野山駅」へ。

 

ファミリー向け観光モデルコース

ファミリー向けの観光名所めぐりモデルコースを披露します。
こちらの所要時間は約5時間です。
高野山駅をスタート・・・2kmの道のりをバスで7分「女人堂」へ。
・・・550mの道のりを徒歩10分で「徳川家霊台」へ。
・・・500mの道のりを徒歩10分で「千手院橋」を通り、そこから650mの道のりを徒歩13分で「苅萱堂」へ。
20分ほど散策したら、7分ほど歩いて「一の橋」へ。

 

・・・1kmの道のりを徒歩20分で「汗かき地蔵」と「姿見の井戸」へ。
奥の院の中間地点にあたるエリアで多勢の遊び客が通るエリアです。
世の中の人の苦しみを地蔵様が身代りになって受けているためいつも汗をかいているとつぶやかれている地蔵様で、高野山の七神秘的の1つとし

 

て語られています。
汗かき地蔵の横には姿見の井戸という小さな井戸があるのです
井戸を覗き込んで見て自らの顔が映らなかったときは、3年以内に死が訪れるとつぶやかれているのです。
昔はこの井戸の水で目を洗うと眼病が治ると言われていました。

 

・・・800mの道のりを徒歩16分で「燈籠堂」へ。
燈籠堂を10分ほど、すぐ近くにある奥の院御廟を20分ほど散策します。

 

・・・1km歩いて「奥の院駅」へ行き、バスに乗って7分で「千手院橋」に到着。
・・・200mの道のりを徒歩4分で「六時の鐘」へ。
福島正則が父母の菩薩を弔うために建立した鐘楼です。
今も午前6時から午後10時までの偶数時に鐘が鳴らされているのです。

 

・・・「蛇腹みち」へ。
伽藍の入口あたりから東塔の東側あたりまである小道をこう呼んでいるのです。
龍がちょうど臥しているように見えたことから例えられたそうです。
「壇場伽藍」を30分ほど散策します。

 

・・・徒歩2分で「高野山霊宝館」へ。
こちらも30分ほど散策したら、850mの道のりを徒歩17分で「大門」へ。
・・・バスに20分乗って「高野山駅」へ到着します。

 

高野山の観光名所とモデルコース関連ページ

高野山で精進料理 おすすめの昼食店や宿坊