高野山で精進料理 おすすめの昼食店や宿坊

高野山での楽しみは、「見る」だけではなく「食べる」という楽しみ方もあるのです
高野山で食べると言えば「精進料理」です。
高野山には多勢のショップがあるのです
中には遊び客向けに宿坊トライアルをさせてくれるショップもあるのです
高野山にある宿坊寺院では、泊まりの際の食事はむろんのこと、宿泊客でなくてもランチに精進料理を食べることができるのです。
高野山の精進料理では、クッキング方法と味付け斯くして色彩均衡に気を配っています。
精進料理では「五法、五味、五色」としてシーズン感を大事にしているのです。
五法・・・5つのクッキング法のことで、生、煮る、焼く、蒸す、揚げるといったクッキング法です。
五味・・・味のことで、醤油、塩、砂糖、酢、辛の5タイプです。
五色・・・色彩のことで、赤、青、黄、黒、白の5色です。

 

「目食」を大事にしていてこれらのミックスを食事のスタンダードとしているのです。
このとおり味付けはむろんのこと、たっぷりな色彩、盛り付ける器にまでこだわって食事を供給しているのです。
精進料理はナチュラルからの恵みを利用して、面倒をかけ丁寧に作っています。
肉や魚介類など生臭い物は一切利用してません。
山々のナチュラルの恵みから得た山菜などが精進料理の主役となっているのです。

 

ちかごろも昔からの風習で多勢の寺院に客がイベント共に食事をするというトラディショナルな行事があるのです
高野山では、こうした行為を「振舞」と呼んでいて、形式や作法も昔からのものがちかごろまで引き継がれています。
振舞食事は「本膳形式」で、残った食事をすべて折箱へ詰めて持ち帰り綺麗にしておくのが流儀となっているのです。

 

精進量におすすめの宿坊や昼食店

高野山周辺には遊び客向けに多勢の飲食店があるのです
その中から、遊び客に評判がある精進料理店を一部の披露します。

 

高野山別格本山の「一乗院」。
ハンドメイドにこだわり本物の精進料理をご供給している評判店です。
評判ランキングでも堂々のベスト1にランクインするほどの評判ぶりで口コミでも高い評価を得ています。
オーソドックスの精進料理を丁寧にクッキングして作っています。
ランチプランでは、1人5,000円、7,000円、10,000円の御膳が用意されているのです。
宿泊プランでは、1泊2食が21,000円からとなっているのです。

 

明治スタート創業の「花菱」。
皇族の方が高野山におみえになったときには、花菱が精進料理をクッキングさせていただいています。
精進料理は、食事長おまかせになると7,350円からとなっているのですが、それ以外にもリーズナブルに供給しているのです。
2,100円、5,250円、6,300円と精進会席が用意されているのです。
その他にランチボックスなどもあるのです

 

「中央食堂 さんぼう」。
お楽チンに高野山の精進料理が食べられる店として評判があるのです
ランチボックスが1,680円、2,100円となっていて、それ以外にも単品食事が用意されているのです。

 

「金剛三昧院」。
本膳形式でお膳を囲んでいただく精進料理です。
宿坊を利用すれば、お部屋でのんびりと精進料理をいただくことができるのです。
写経トライアルができるプランがセットになったものもあるのです

 

「恵光院」。
奥の院を参詣するのに実用的なエリアにあるのです
宿坊として利用すれば護摩祈祷、阿字観メディテーション、写経などをフリーでトライアルさせてもらうことができるのです。
夕食も朝食も精進料理をお部屋に運んでもらい食べることができるのです。

高野山で精進料理 おすすめの昼食店や宿坊関連ページ

高野山の観光名所とモデルコース