安く海外旅に行く方法(2)

とびっきりの安く海外旅行に行けるやり方があるのです
しかしこのやり方では、行くことのできてしまう範囲が決まっているのです。
そうです。
日本よりもずっと物価が安い国へ旅行に出かけるのです。
ずっと物価が安いと申しましても、中南米やアフリカともなるのですと、航空運賃がわりと高くつきますので、トータルの予算で考えますと、それほど安いこと感はないのです。
案の定日本から、ハッピーなくらいの安く行くことができてしまうのは東南アジアとオセアニアの一部でしょうね。
ちかごろ、旅行客が急増した韓国などは良い例ですね。
航空運賃含め、国内へ行く旅よりも安い値段で行くことができてしまう外国として、評判はちかごろも続いています。
数十年前に比べれば、韓国も経済発展をして物価は上がり気味ではあるのとは言ってもまだ多種多様な面で日本よりも安いので、滞在費も安くあがります。
韓国よりは飛行時間がもう少しかかるのですが、東南アジア全域はどこの国も日本より物価が安いです。
一部エリア、香港やシンガポール等は、土地が狭いため、土地代、家代などはとても高くなっているのですが、旅行客にかかわりがあるパーツの物価は、日本には及びません。
むろん、あらかたの国の首都には、各国でもメジャーな一流ホテルがあるようなので、そういったホテルの宿泊代金は例外とういうわけなのですが。
安く宿泊できるホテルがいっぱいありますし、現地での交通費や食費は驚くほど安いです。
東南アジアに行ってみたい国がひとつもないのであれば無茶にはオススメいたしませんが、赤道付近の暖かい国などは、荷物が少なくて良いので心地よいですし、ビーチが綺麗で、マリンスポーツもエンジョイすることが出来ますよ。

海外旅行もやはり国内へ行く旅と同じで、できてしまうだけ安く出かけようとすれば、予算を切り詰めるパーツは乗り物代金と宿泊代金がなおいっそうも大きいですね。
とりわけ海外旅行では、安く旅行がしたいと言いながらも、ホテルのランクを下げたくないとおっしゃるかたも多数です。
若い女の人は、ゴージャスなホテルがお好きなようなので、その辺は妥協しなくては安くあがりません。
海外旅行で泊まるホテルは、あらかたのとき、星の数でランクが決められています。
スタンダード的には五つ星が最ハイグレードレベルのホテルで、部屋からサービスにいたるまで至れり尽くせりのホテルとなっているのです。
エステティックサロンやプール、ブティックなどもコネクションしていて、レストランも一流のカウンターが入っています。
せっかくの海外旅行というわけで、こういったホテルに宿泊したい気持ちはわかるのですが、決して安いプライスでは泊まることが出来なくなるのです。
ノーリスクが確保された気持ち良いホテルということで、二つ星や三つ星くらいでも充分ではないかと思います。
ゴージャス感は感じられないものの、それなりの設備は整っていますし、クリーニングも行き届いてクリーン感はあるのです
斯くして、ゴージャスなホテルを諦めきれないのであれば、日程の中で一日だけそのようなホテルをリザーブしておくというのはいかがでしょうか。
安くありながらも、リッチに過ごせる一日もあって、きっと満足した海外旅行になると思います。
異なる方法としては、自分でリザーブすればわりと高い金額な値段なホテルも、旅行会社のツアーにセットされているときには、予想外と安い値段に抑えられているときがあるのです
日程や遊びエリアが合えば、そのようなツアーでお出かけするのもオススメです。